不動産会社の選び方

不動産会社の選び方

 

「大手の不動産会社には多くの顧客があるから手早く売却できる」と思っていませんか? それは大きな間違いです。不動産会社を選ぶ際には、「レインズ」という存在も意識しておくようにしましょう。

「レインズ」という不動産ネットワークを通すことで、全国展開している大手の不動産会社でも、地域の不動産会社でも、同じように物件情報を広めることができます。つまり、不動産会社の規模が大手なのか中小なのかは売却にとって関係ないのです。

それでは、どういった点を重視して不動産会社を選んだ方がよいのでしょうか? 選定のためのいくつかのポイントをご紹介しましょう。

 

<不動産会社選定の要素>

不動産の売却を成功させるためには、どのような不動産会社を選ぶかがとても重要になります。不動産の選び方の判断基準として、「地域専門の会社」そして「お客様満足が第一という会社」という2点を重視するとよいでしょう。

 

・地域専門の会社

地域専門であれば、地域に特化した分だけ地域の特徴を深く把握しています。地域における「売れる価格帯」なども熟知しているので、地域に即した売却戦略を期待することができます。街にも詳しいため、購入希望者に地域の魅力をたっぷり紹介することも可能です。

また、地域に根ざした会社はその地域での評判が命です。いい加減な仕事をして評判を落としてしまうようなことはしません。当然、「地域の専門であり、他社には負けない」という自負もあることでしょう。

さらに、地域の不動産会社の営業担当者であれば転勤がありません。物件を売ったあとでも、何かあればいつでも相談することができます。一方で全国展開している会社の場合は、どうしても物件売却後に営業担当者が転勤してしまう可能性が高くなるのです。

 

・お客様満足が第一という会社

後悔せずに、満足感いっぱいで不動産売却を終えるために必要なものは何だと思いますか? それは不動産会社の親身な対応であり、「お客様に満足していただけることが何より大切」という不動産会社の姿勢です。

売主にとっての満足は、納得して売却できたかどうかにかかっています。「やっぱり売らなければよかった」という後悔は、売却に対する何らかの疑問が解決されず残っていることや、売却価格に納得していなかったことから生まれてきます。

これらの売却に関する不満をなくすためには、不動産会社が売主の疑問に対して懇切丁寧に答え、納得していただくことが必要です。

「物件を売却できたらそれでよい」といった売り上げ至上主義の会社では、「お客様の満足」を得るための活動が十分に行われません。なぜなら活動の目的があくまで「物件を売って仲介手数料を得ること」であり、決して「お客様に喜んでもらおう」というものではないからです。

お客様満足第一の会社では、売却価格を例にとっても、「○○という理由だから、売却価格は○○円にしましょう」など、価格の根拠を明らかにしてくれます。売主の小さな疑問にも丁寧に対応してくれます。お客様に満足してもらう活動に対して、努力を惜しむことはありません。

 

ところで、お客様第一という経営をしている会社は、その不動産会社の社長が「お客様第一」という考えを持っている会社です。お客様第一主義の社長のもとには、同じ考えを持ち、お客様の満足を真剣に考え、実行する社員が集まってきます。

会社には、社長の考え方の影響を強く受けるという、「組織風土」があります。社長の考え方は働く人に強く影響を与えます。「自社の利益よりもお客様の満足を優先する」という考え方の会社で働いていれば、営業担当者もそのように考えるようになるのです。

なぜなら、社長と同じ考えのもと、同じような活動をしていれば、高い評価を受けるからです。はじめは会社の方針であるからお客様満足第一という考えを持っていた営業担当者自身も、自然に考え方が「組織風土」に染まってくるのです。