返済に悩んでいる方

競売になる前に「任意売却」という選択を

不動産の購入時に組んだ住宅ローンも、不測の事態によって支払いが難しくなるケースがあります。滞納が続くと、競売にかけられてしまう恐れも。どうにもならない事態に陥る前に、任意売却という方法を考えてみませんか? ローンの返済が難しくなってきたときには、早めに当社へご相談ください。

 

<住宅ローンの関する様々なお悩み>

住宅ローンに関して、次のようなお悩みはお持ちではありませんか?

・毎月の住宅ローンを返済し続けることが難しい

・住宅ローンや税金を滞納してしまった

・金融機関からローンの督促状が届くようになった

・所有している不動産が差し押さえられてしまった

・このまま返済が滞ると、競売にかけられてしまう

・競売開始決定の通知書が届いてしまった

・競売になっても借金は残ってしまうので、今後の生活が不安

これらのお悩みを解決する方法として「任意売却」があります。不動産を売却する方法のひとつですが、競売とはどのように違うのか、どういったメリットがあるのか、いざというときに備えて正しく知っておきましょう。

 

<任意売却とは?>

住宅ローンを利用して購入した不動産物件には「抵当権」がつけられています。何らかの理由で住宅ローンの支払いが困難になり、滞納が続いてしまうと、抵当権にしたがって金融機関は不動産を差し押さえ、競売にかけようとします。

そうなってしまう前に、債務者と債権者との合意にもとづいて、不動産を売却し、債務整理を行うことを「任意売却」といいます。競売の場合は市場価格よりも3~5割ほど安く売買されてしまいますが、任意売却なら競売よりも高い価格で売却することが可能です。